無料ブログはココログ

« stayHomeはおうちでカスタム | トップページ | モンキーいじり、メインディッシュ? »

2020年5月20日 (水)

モンキーカスタム第4弾(投稿都合)

実は今回のモンキーカスタム、第4弾じゃないのです!スミマセん。

これは本当の第一弾の話。

白状すると、モンキー125を中古で購入してすぐ、早く自分のオリジナル感を獲得したくて

いきなりエンジン開けえのカムスプロケット交換という荒技(俺的に)

を敢行していたのです。

へそ曲がりの俺が選んだそのカスタムパーツは

秋田の方で独自パーツを発明してるpeaky_partsさんが製造、発売してる

「超抜群エンジンキット」正直ネーミングは?そして胡散臭さ

100%(ほんとすみません)

モンキ−125欲しくて情報集めてた時から、ネットで見つけて気になってた。

数少ないインプレには良いことばかり書いてある、ほんとか?って気持ちと、試してみたい!

って気持ちに揺れ動き、結局購入。

購入の決め手は個人が発明したというプロジェクトX感、みんながやってないレア感、

こう言うのに弱いんだよね、俺。

元々は「ハイレスポンス・キット」の名前で発売して、その後のアップデートで「超抜群…」になった。

今思えば遊び心のあるネーミングだなあ、(その後のアップデートで超越キット、とか超絶倫キットとか…最高だね!)

超抜群キットのパーツは、バランサーカムスプロケットとフライホイールのウエイト交換、

その理論や原理など俺にはさっぱり?ただなんか貼っただけとかのオカルトパーツではないことは確かだ。

Cimg5725

メカ音痴の俺、本来なら手を出さない領域だが、

不思議とホビー感覚でチャレンジしたくなっちゃうバイクなんだよね。

Cimg5724

肝心の性能だが…   モンキーを手に入れて程なく導入しちゃったから、違いがわからん!

開発のピーキーさんにも申し訳ないが、インプレ不能だ。

「超抜群エンジンキット」

1気筒エンジンでありながら2気筒エンジンの様な低振動で高回転なエンジン特性が得られ、燃費も向上、

街乗りでスタート加速向上、トルクアップなど、…体感できるはずだったのに、残念。

しかし先日、他の人の乗るモンキ−125に遭遇、何度か信号で一緒になったが、

あれ?俺の方が速いな!漠然とそう思った。(相手の本気度は不明)

でも今まで多分ノーマルの原付二種に遅れをとったことはないし、俺のって超抜群なのか?

俺の、「ノーマルルックだけど中身はすごいよん作戦」(!名称変わってるよ)

にはもってこいだ!。

なんと次はスプロケットを見直した「完全版」があり、

高回転域を強化した「超越キット」へと続くのだった。(既に購入済み)

次こそ進化を体感してやる〜。

 

 

 

 

« stayHomeはおうちでカスタム | トップページ | モンキーいじり、メインディッシュ? »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« stayHomeはおうちでカスタム | トップページ | モンキーいじり、メインディッシュ? »