無料ブログはココログ

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »

2020年5月

2020年5月30日 (土)

モンキーいじり、メインディッシュ?

前回の記事で「超抜群エンジンキット」ってのを付けてると書いた。

そしてアップデートの「完全版…キット(スプロケット交換)」「超越…キット(ウエイト交換)

と、進化させるべく、購入して準備!

そしてついに俺のモンキーカスタムの肝!「ヨシムラST-1Mカムシャフト」を取り付けることに。

Cimg6399

本当の本気カスタムならばボアアップとかに行くんだろうけど、原付2種にはこだわりたいな。

それにこれ以上は素人には無理だしね。

実は今回の作業にあたって、気になることがある。

前回エンジンを開けて超抜群キットを組み入れた際、説明書には「ネジを規定トルクで締めること」と

書いてあった。

ん〜、まいっか?そう思ってたけど、2度目のエンジン開封には、今度はちゃんと締め付けなきゃだな、って

気になってた。

そこで来たる日のためにAmazonで安トルクレンチを買っておいたのだ。

まずは「完全版!超抜群エンジンキット」にするため、スプロケット交換、

Cimg6384

新旧揃い踏み!左から純正<超抜群<完全版。

Cimg6383

そして超越キットへ、

Cimg5724_20200530134601

フライホイール内の6角ボルトを新ボルト&ウエイトに交換する…、

あれ?あれれ? ねじ山舐めちゃった!はずせないよお〜(泣)

嫌な予感が的中しちゃった。

前回規定値で締めてればこんな事には…、

そんな訳で超越キットへは移行ならず。

※超越キットとは、(peaky_partsさんの商品説明)

「オールラウンドで調子がいい超抜群エンジンキットをよりツーリング向きに特化させるアップデート用パーツです。
アップデート後は名称が『超越キット』となります。
超抜群エンジンキットは発進の出足が良く、街乗りのストップ&ゴーにも最適ですが、発進の出足は超抜群エンジンキットに劣るものの常用速度域での振動軽減及びパワーでは超越キットの方が優れています。
つまり、走行時の快適さを更に向上させています。
アクセル全開で高回転まで回した時に受ける印象はまるでターボエンジン。(これが気持ち良い!)
追い越し加速、登坂性能は驚きです。」
は〜⤵︎残念!

気を取り直して、ヨシムラカムシャフトに換装!(右がヨシムラ)

Cimg6386

こちらもメーカーより、

パワー・トルク共に全域でスタンダードを上回り、レブリミットまでスムーズかつパワフルな加速が続きます。」

 

ふむふむ、

取り付けも迷わず作業出来、全てのネジをトルクレンチで締め付け、完成!

のはずがトラブル発生?

クランクケースのタイミングホールキャップ?を壊しちゃった。

ここに限ってトルクレンチ未使用(泣)

Cimg6400

フライホイール内ボルトといい、キャップといい…、

バカバカ俺ってバカジカラあ〜     !

結局いつものバイク屋さんに部品注文して、やっと完了!

Cimg6402

いよいよこの日のために取り付けておいたEnigmaサブコンをiPod touchに繋ぎ

エンジンスタート!おおおお、動いた〜(ほっとした)

3種類ほど作っておいたデーター(いい加減)を試したりして走り回ってきた。

感想はスタートからトルクフルで気持ちよく回ってくれる、

アクセルのツキもよく、もっと大きな排気量のバイクに乗ってるような感覚。

なんかいいぞ!

でも待てよ?これってカムのせい?それとも超抜群…のおかげ?ドッチもなの?

違いのわかるライダーになりたい気持ちもあるけれど、

いまさら外して検証なんてできないよなあ、またどこか壊しちゃうだろうし、

仕方ない!今が満足ならばこれでいいのだ!

コロナ渦、先日我慢できずに、早朝ホームコースを走ってきた、

当然県内、無寄港?でね。

あちこちに「ステイホーム ツーリングやめて帰ろう」の看板が貼ってある。

駐車スペースはクローズ、居心地の悪いツーリングだったな(狙い通りか?)

Cimg6388

早く平時に戻って欲しいもんだなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 

2020年5月20日 (水)

モンキーカスタム第4弾(投稿都合)

実は今回のモンキーカスタム、第4弾じゃないのです!スミマセん。

これは本当の第一弾の話。

白状すると、モンキー125を中古で購入してすぐ、早く自分のオリジナル感を獲得したくて

いきなりエンジン開けえのカムスプロケット交換という荒技(俺的に)

を敢行していたのです。

へそ曲がりの俺が選んだそのカスタムパーツは

秋田の方で独自パーツを発明してるpeaky_partsさんが製造、発売してる

「超抜群エンジンキット」正直ネーミングは?そして胡散臭さ

100%(ほんとすみません)

モンキ−125欲しくて情報集めてた時から、ネットで見つけて気になってた。

数少ないインプレには良いことばかり書いてある、ほんとか?って気持ちと、試してみたい!

って気持ちに揺れ動き、結局購入。

購入の決め手は個人が発明したというプロジェクトX感、みんながやってないレア感、

こう言うのに弱いんだよね、俺。

元々は「ハイレスポンス・キット」の名前で発売して、その後のアップデートで「超抜群…」になった。

今思えば遊び心のあるネーミングだなあ、(その後のアップデートで超越キット、とか超絶倫キットとか…最高だね!)

超抜群キットのパーツは、バランサーカムスプロケットとフライホイールのウエイト交換、

その理論や原理など俺にはさっぱり?ただなんか貼っただけとかのオカルトパーツではないことは確かだ。

Cimg5725

メカ音痴の俺、本来なら手を出さない領域だが、

不思議とホビー感覚でチャレンジしたくなっちゃうバイクなんだよね。

Cimg5724

肝心の性能だが…   モンキーを手に入れて程なく導入しちゃったから、違いがわからん!

開発のピーキーさんにも申し訳ないが、インプレ不能だ。

「超抜群エンジンキット」

1気筒エンジンでありながら2気筒エンジンの様な低振動で高回転なエンジン特性が得られ、燃費も向上、

街乗りでスタート加速向上、トルクアップなど、…体感できるはずだったのに、残念。

しかし先日、他の人の乗るモンキ−125に遭遇、何度か信号で一緒になったが、

あれ?俺の方が速いな!漠然とそう思った。(相手の本気度は不明)

でも今まで多分ノーマルの原付二種に遅れをとったことはないし、俺のって超抜群なのか?

俺の、「ノーマルルックだけど中身はすごいよん作戦」(!名称変わってるよ)

にはもってこいだ!。

なんと次はスプロケットを見直した「完全版」があり、

高回転域を強化した「超越キット」へと続くのだった。(既に購入済み)

次こそ進化を体感してやる〜。

 

 

 

 

2020年5月 8日 (金)

stayHomeはおうちでカスタム

モンキーいじり、のんびり進めて行くつもりだったけど、stayHomeなご時世なわけで、

早くも第3弾!

今回のカスタムはリアサスペンション!

そもそもこのモンキー125、タックロールシートのおかげで、どの人のレビューでも

「乗り心地、フカフカで最高!」って言われてる。

最初は俺もそう思ったけど、長距離を走ると腰が痛くなってくる。

原因は、どこに座ったら良いのかわからないシート(ズレて前乗りになる)、そしてフニャフニャのサスペンション、

タックロールシートはこのバイクのアイデンティティ!ノーマルルックのカスタムを目指すのなら、

変更はできないね。

そこでこれ、

Cimg6363

RPM Double R MONKEY125(モンキー125) アジャスタブルリアサスペンション 333mm~343mm イエロー」

台湾製のメーカー。          あれ?外観は変えないんじゃないの?

そうなんだけど、スプリングがイエローなら良いんじゃね?

スプリングがイエローの製品は、

キタコ、RPM、オーリンズ、くらいかな?

キタコは本体が真っ黒で、ノーマルには見えない。

オーリンズはお約束の別体タンクタイプではないものも出ていて、グラグラきたが

オーリンズオーラが出過ぎ、眩しくてノーマルに見えない(オーバースペックだしね)

RPM,ノーマルとの違い  純正→RPM.

Cimg6366 Cimg6369

ね?気にならないでしょ、

でもね、乗り心地は格段にアップ!

坂を下り切った鞍部など、今まで底付きしてた箇所も難なくクリアー!

バンク中ステップあまり擦らなくなった、腰が痛くない。

これね、モンキー125!最初に変えるのはここだね!

ただ、フロントも変えたくなっちゃうなあ。

(フロント変えればシートズレ上がり問題も解消するかも?)

Cimg6371

このネット購入のサス、プリロードとリバウンドをいじれるんだけど、

リバウンド調整、片方24クリック、もう片方20クリック、???なんで?

問い合わせて、メーカからの返答「個体差の範囲で不良品ではない」そうで、そのまま使えとの事。

いい加減だなあ、端まで使わないからまあいっか(いい加減だ俺も)。

Cimg6367-2 

俺は別にこれでいいけど、これから購入する人は、

注意して数えてみてね。

 

 

 

« 2020年4月 | トップページ | 2020年6月 »