無料ブログはココログ

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

2018年2月 7日 (水)

スキットル買ったぜ!ワイルドだろ?

先日俺、誕生日だった。52歳!あ〜あ、大きくなったら何になろう。(ゴジユウニ?)

昔と変わった事は、体力、記憶力、毛根力。ようするに全てにおいて衰えてるって事。
衰えてると言えば、お酒にも弱くなって来たなあ。
嫁さんがいた頃より晩酌も減ったしね、まあいい事なのかも?
Dscf9277
野宿の夜、アルコールは欠かせないよね。
パターンは缶ビール3〜4本後ワインか日本酒(パック物があったら)にポケット瓶のウイスキーでお開き。
最近はポケット瓶半分残しちゃうかな?頑張って飲み干しちゃうと
翌朝一番で淹れたコーヒーが美味しくない事が多くなった。
S1rpn_r1_20160224_3
基本的にキャンプのゴミは持ち帰るが、
缶ビールの空き缶(飲み終わるとなんであんなに臭いのかなあ)は、
靴や石でぺったんこにして、コンビニのゴミ捨て場でさよなら。(スミマセん)
ただ、余ったウイスキーはガラス瓶、「われもの」だし、何気に目障りだ(持ち帰りに)。
そんな時見つけたポケットウイスキーのペットボトル版。
これいいじゃん!
軽いし、割れない!これなら自宅で中身だけ(半分)入れて来れるよ。
Cimg0032
何度か使用(飲用)したけど別段問題なし。
でもねえ…。
余談だけど俺、二、三年前からラム酒を飲んでる。
きっかけは当然「アニメ宝島」作品中海賊たちが浴びるほど美味そうに飲んでる
(吞まれてる)のを見て興味が湧いた。
ラム酒も奥が深くて、知ったかぶりをすると恥をかくので語れないが、
甘味好きの俺は、バニラの香りと甘ったるい舌触りの「スパイスドラム」
って種類がお気に入り。
04191131_58f6cbf12dcc3
「セイラージェリー スパイスドラム」空き瓶転がして置いてもカッコいい
コイツが俺のベンチマーク。
手のひらに収まる90ccの安グラスを買って、毎夜ちびちび。
スーパーカップに垂らして食べるのも最高!
Duralex_dx1280_2
軌道修正!
何が言いたいかというと、とっておきのラム酒で焚き火を見つめながら浸りたい。
ただそれを注ぐ酒器がペットボトルじゃなあ〜。
それに、持って行くだけならこんなのに洗って入れたっていいんじゃね?
(どれでも同じって意味)
やっぱり雰囲気も大事だよね。
71uvmmijipl_sy445_
そこでやっと、今回の本題「スキットル」の登場。
金属製のウイスキー等を入れて持ち歩く水筒、
よく外国映画でグビってやるあれ。
その昔、テレマークスキー大会の前夜レセプションでのビンゴゲーム。
協賛の「ワイルドターキー」より特製スキットルが大当たり、早速ウイスキーを詰めて
飲んで見た、なんかまずい、当時ステンレスは鉄味が移りやすい事を知らなかった。
(その日に飲み切っちゃえば大丈夫?)
どこ行ったけなあ、探したけど見つからない。捨てちゃったかも?
じゃあ仕方ない!買うしかないね。
調べてみると、オススメはチタン製(出た!またお前か)
必要量はポケット瓶の半分、3オンス程度と、言いたいトコだけど
もうちょっと飲みたいときのために4〜5オンスくらいか?
代表的な材質はステンレス、チタン、ピューター(錫)
チタン、ピューターは味が変わらないみたい、
むしろピューターは
内容物の味が柔らかくまろやかになる。(ほんとか?)
イオン効果で不純物を吸収、浄化してくれる。(信じられる?)
抗菌性がある。(もう買いだろ!)
欠点は、
凹みやすい、そして高い。
チタン製は
アウトドア製品では孤高の存在(チタンが)、軽くて強くて錆びない!酒の味も変えない。
まさに理想的だ。
最先端材質のチタンに飛びつくのか?俺!
いや!スキットル選びの肝は「ロマン度数で決まる!」
チタンはあの、ペラペラガサガサ感が好きになれない、(主観、カップ等)
その点ピューター製は古くから使われて来た歴史もある。
傷や凹みも味?かな、
どうしても必要か?って物をアウトドアに持って行くからには
気持ちがアガる方が良いよね!
そして購入の「PinderBrosピューターフラスコ」
Cimg3444
Cimg3446
ふふふ…、欲しいものは必ず手に入れる!(悪の論理)
高いし使う頻度も少ない、しかし、自分の納得できる物達に
囲まれている幸せ。
サイズは4oz、つるんと小ぶりのかわいい奴。
気になるのは自立しない事。
キャップ込みの高さ115ミリ、幅85ミリ。
Cimg3448
飲みすぎない?俺的絶妙サイズ!
うひょ〜っ早く野宿したいなあ〜。
一人で騒いでいたら、俺の母親が「あたしが払う!誕生日プレゼントね」
まじか!52歳にもなって親(82)の脛をかじるのかよ、俺?。
…では遠慮なく「恥ずかしいけど、もらっておくよ!」母親の形見にね。
(死んでないし!)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31