無料ブログはココログ

« 2017夏キャンプツーリング | トップページ | コンチロードアタック2 おかわり!               EVOね »

2017年9月 5日 (火)

ルーテシアRS!

新しい4輪の相棒「ルーテシア」本国フランスでは大ヒットの大衆車。

日本の大衆車との大きな違いはグレードの幅が大きい事か?
ルーテシアRS(本国名クリオRS)この車、ナリは大衆車のくせして中身を本気でいじって
(メーカーが)スポーツカーを作っちゃう変態ぶり。
例えるなら「アクア」を足回りガッチガチの200馬力のスポーツカーにしちゃったけど、
誰か買わない?ってトヨタが言ってるみたいな。
※2018秋追記、
今、トヨタでも速い「ビッツ」とかあるみたい!営業車からスポーツカーまで
同車種で作ればコストも減るだろうしね、やっぱり世界のトヨタ、日本人的には
がんばってもらいたいね!
納車前、家族に「いや〜俺、柄にもなくスポーツカー決めちゃったよ、どうしよう?」
半分後悔気味でカタログを見せると、    …普通じゃん!だって。
RS、ちゃんと書くと「ルノースポール」って言う。(レーシング、スポーツとかかと思った)
ルノーの中では別格扱いらしい、伝統、歴史とか全然しらない俺だけど、
なんかわからん凄みと、今乗っとかなきゃいけない気がして購入を決めちゃった。
20170821_212802
「ありふれたクルマに、乗りたいか」
早速カスタマイズ?
○今時ハロゲンランプ、やっぱ暗いなあ(新型はLED)→半日かかって社外HID装着。
Cimg2911
  (作業、装着画像なし、)バンパー外したり大掛かりだったけど、
  無事装着完了、バラストはプラスチック部分にタッピングネジ止め。
  キャンセラーはアルミ製のバンパーステーに固定。
  明るくなった。うれし
○フットレストがない(左ハンドル仕様なら付いてるのかなあ?)
Cimg2904
オプション設定品があるけど高いし下地も腰抜けでフニャフニャ、
この際なんでもアリの木工作開始!
Cimg3001
カッコは?だけど、もともと俺のでか足では幅が足りなかったし、下地入れて大正解
そして、このままじゃフロアーカーペットがボロボロになっちゃうからフットレストマット装着。
Cimg2903
 マジックテープ留めの安マット。奇しくもCX-3用(社外品)  
  (イケてないのは承知!カーペット保護と言うことね。)
○ドライブレコーダー、(自分の証拠だけじゃなく、凶悪事件の目撃等の役に立ち
  たい)車内ヒューズから取り出し。
○バックカメラ(腕に自信がないのじゃなく、車庫の奥にあるSMTの保護用)
  コードはナンバーを照らすライトの端から取り出し。
  映像内ガイドラインに合わせて車庫床にライン描き。
気になるところは
○やっぱり交差点で、ワイパーを動かしちゃう!
○内装外しが大変な最近の国産車とは違い、 うりゃあ!っと外せるのが好感が持てる。
○最近のクルマにしては目が大きい、(流行りは細目?)ちょっと昆虫っぽい。
  でも、RSは口がカブキみたいで気に入ってる。
Luteciarstrophypreorderthestartofth 
○お尻が切れ上がっててカッコイイ、(リアディフェイザー)
デザインだけじゃなく奥の方までフィン?が伸びてて効きそう
 (実際地面にへばりつく力が8割も出るんだって)
Cimg2881   
  昔は整流の為おっきなスポイラーと裾の長いエアロパーツで武装してたもんだがなあ。
  要するに女子高生のスカートが短くなって来ちゃったみたいな感じか?
   (オヤジ視線8割り増し?)
○アクセルペダルがブレーキペダルより奥すぎる気がする(俺だけかな、
  急ブレーキ時に引っかかりそう )思案中。
○ハンドルやウインカーレバーなどのプラスチック合わせ部分など、バリ、面取りの
  ヤスリがけ必要。(いつも触る場所なのでやっとくと気持ちいい)
○小さい方のドリンクホルダーが使い道がない。大きい方もキツイ。
  (激しい走りには好都合?)
Cimg3000
○オートクルーズが付いてる。国産車の設定速度は最高で110キロ程度だけど
  こいつは何キロまで巡行設定できるんだろう?(いちよんぜろキロまでは確認済み)
 高性能車ど素人のあてにならないインプレを少々。
マイルドにスタートしようとすると、イメージ通りスル〜っと発進してくれない。
慌ててもう少し踏み込むとシュパ〜っと加速。
速度30キロより下で走ってると(オートマとして)ギクシャクショックを感じる、
しかし、その気でアクセルを踏み込むとビタッと安定する。
ワインディングに出かけた日にゃ自動車だということを忘れるくらい楽しい!
感覚はライディング!そう言えば、街乗りが苦手で山に持って行くと最高なバイク、
990SMTと性格が似てるかも?
先日、奥多摩から松姫越えの時、お尻をずらして前を走る大型二輪のお兄さん、
俺の接近に気付いてペースを上げだした。人の走りも勉強になるし、しら〜っと
付いていってみたけど、あれ?チギられないぞ?それどころか俺、まだまだ行ける!
俺もバイク乗りだし煽ったりしないけど、ふと思った。
おいおい、車って速いじゃん(俺がじゃなく)。
いつもツーリングでは前を走る4輪は(チャンスがあったら)「とりあえず抜いとけ!」
って考えだった俺だけど、本気になった速い4輪に煽られたら俺、
泣ベソかきながら逃げる羽目になってたかも。
これからは追い抜く前に(勝てるか)よく観察することにしよう。
この車、走りの特性を「RSスイッチ」で 3段階に変えられる。
Lutecia_rs_f_technology_img_drive_2
「普通<スポーツ<レース」モードに分かれており
上記の峠道では当然スポーツモード、(山では普通だとワンテンポ遅れるような気がした)
その上のレースモードはまさにレース用、ブルブル!俺は一生押さないだろう。
しかし俺も漫画世代、シュウシュウ言いながら戦闘力が上がる演出は嫌いじゃないなあ。
俺の勝手なインプレは話半分に聞いておいてもこのクルマ、楽しい!おすすめ。
今時の安全、ハイテク装備は付いてないけど、免許取り立てで走るのが
楽しくてしょうがない頃を思い出させてくれる。
正直なところ、趣味のバイクツーリングとカブってるんだけど、結構雨の休日も多いから、
ルーテシアRSを手に入れて俺、ついに「雨の日の翼」も手に入れることとなった。
Cimg2902_2
嫁さんの口癖、 「やりたいことは、やれるときにやっとけ」。
あっちで見てて、「いいクルマ買ったね!」って言ってくれてるかな?

« 2017夏キャンプツーリング | トップページ | コンチロードアタック2 おかわり!               EVOね »

クルマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2017夏キャンプツーリング | トップページ | コンチロードアタック2 おかわり!               EVOね »