無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月19日 (木)

〜第三弾PLUS

この間取り付けたカーボンパーツ。

なんかこう高級感がないって言うか?しっくりこないなあ

昔カヌーやってて、使ってたケブラーカーボン製のスラローム艇は作りが荒いし
よくぶつけて補修してたからあまりいいイメージが無いのかもね。
SMT用のPOWERPARTSリストのカーボンパーツ、現物は見た事ないけど
写真を見る限り「無印」みたいだ。
無印? だって、SUPER DUKEのカーボンパーツに目を凝らしてよく見てみてよ!
ほら、アクラポ印がついてるでしょ?
6130591100049
6130891000049
やっぱ、ブランド名が入ってると締まるなあ。
そこで俺も考えた、よ〜しパク…リスペクトね。
Cimg2450
Cimg2468
Cimg2462
ステッカーをぴとっと貼れば…いい感じ!
寒さに負けて冬眠中の俺、たまにバイクカバーをめくっては、
こんなことして二マニマしてます。

2017年1月 2日 (月)

SMTドレスアップ第三弾!

俺が大型免許を取った理由は、「SRX600」に急に乗りたくなったから。
Main
仕事柄雨の日限定で鴻巣試験場に通い、取得した免許。
大排気量のシングルに一度乗って見たかったんだよね。
でも、幼馴染のバイク屋に、あれは400の方が面白いだの、
高速の振動、積載等キャンプツーリングには不向きじゃ無いか?
と、言われ、凹んでいた時、「GSF750」と出会う、その後も「GSX1400」と、乗り継いで、
ツーリングに出かけたが、ワインディングでは今ひとつ?って感じだった。
(俺とのON系の相性の事、楽しいバイク達だったけどね)
初めからずっとOFF車乗りだったこともあり、オンロードバイクの窮屈感?
が気になっていた。
そんな時、KTMから「690DUKE」(3代目か?)が発売した。
ビックシングル熱も再発してきた、なにより825,000円で俺も外車乗りになれる!
意外とアップポジション、そんなことが購入を決断させた。
視界外にSMTもあったが、変な顔(馬面)のバイクだなあとしか、当時は考えなかった。
その後嫁さんの件でバイクどころではなくなり一年間バイクから離れ、
嫁さんの葬儀後、気晴らし?で、KTMパンフレットを眺めていると、
あの馬面バイクがみょ〜に気になり、色々あって現在に至ってる。
_57
さあ本題のSMT、このバイクの外観の特徴は、
やっぱりその馬面!そしてモタード車をツーリング向けにリフォームした
少し違和感のあるプロテクターカバー。 マフラー熱とサイドバッグハンガーを隠すための
ものだ。
まあ今はSMTの精悍なサラブレッド顔(随分変わるねえ)が大好きだけど、
カバーの方はちょっと微妙?
悪く言うとこんな感じ(SMTのデザインは成功した例だと思う、俺は好き)
P1020793
本来、二輪車の最大のカスタムアピールポイントはマフラーだと思う。
本家のSMシリーズ、このマフラー付近の安定感!
Img_0693
111
SMTの場合、完成形のスタイルはサイドバッグを付けた姿、
2012ktm990smt1
Ktm990smt6
でも、いつも付けてる訳にもねえ?
SMTをデザインした人も考えたんだろうね、
マフラーサイドにハンガーをつけると、「なにあれ?」ってなるから、
Image2_zps80b6bc6b
逆にカバーで目立たなくする、グッドアイデアだ!
_57_2
でもその逆に、「ここがマフラーですよ的アピール」しないで、
目立たなくするのもありかな?
っと言うわけで、長い言い訳説明も終わり、やっと取り付けた
パーツがこれ。
Cimg2319
Cimg2369
Cimg2372
Cimg2371
ノーマルの重量は765g、カーボンは196g(片方)
初カーボンだけど結構重量差あるのね。
うん!俺仕様でへそ曲がり心は大満足!
(純正の方が良いような気もするけど気のせいかなあ)
(見慣れてるからか?) (いや、考えない、考えない!)
さあ、カーボンで外堀は埋まった!
 ※ 後は主人(あるじ)を待つのみかあ?
※ 俺じゃなくって、パーツの事ね、 あわわっ!

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »