無料ブログはココログ

« やっぱ、キャンプツーリングっていいよなあ〜! | トップページ | テレビアニメ「宝島」 »

2016年7月 4日 (月)

こんなの使ってました(買っちゃいました)ランタン編

たいして自慢できる道具は持っていないが、個人的備忘録としてランタン編も

書いとこうかな?
とりあえず俺的にはシリーズ化しているつもりなんでね。
             (テント紹介ストーブ編 前クッカー編
俺が初めて手にしたランタン、それはHOPE製の家型キャンドルランタン
Hope ※(画像拝借しております)
当時、町一番のデパート?「西友」のキャンプ道具コーナーで自腹購入した
人生初のアウトドア装備だ!
光源はロウソク一本、本体はたたむとぺったんこ。風に強そうだけど
以外と消えちゃう、
今考えると、ランタン買って喜んでる小学生って変だよね。
あの頃の派閥はエバニューとHOPE、当然俺はHOPE派。
HOPEはなくなっちゃったみたいだけど、ポリタン、飯盒と買い揃えた。
少し調べたら、エバニューはまだあるのね、  これこれ
31pb3iif2gl
これ、中の水が臭くて不味くなるんだよなあ、おえ〜。
キャンプサイクリングでよく使ったのはランタン、ではないけど
「ナショナル製のヘッデン」
Hisayama565img600x4501451569885tjnj
※(こちらも画像拾いました)
すぐ、接触がおかしくなって消えちゃう、このほか後頭部に電池ケースが付くタイプや
防水仕様も買ったなあ。
Bf181c
そしてついにガスランタンを知ってしまう。
2245
ベストセラーモデル、「プリムス2245」(袋は破けたので別布で再生)
これは重宝したなあ、メインは当然、ファミリーキャンプでも
サブランタンとして使っていたし、カヤック修理の作業灯代わりなど、大活躍。
さっき見たらホヤは何故かEPI製、互換性も良好ということで◎
欠点といえばマントル空焼き後のホヤ装着が難しい(俺にはムリ!マントル触っちゃうよ)
 そこで俺は生マントル?セット後ホヤを付け…
ガスを充満させて下からライターで…ぼわっと!(事故、いや自己責任で…)
競技カヤックを初めて少し自信をつけた俺、
仲間達と四国の吉野川大歩危小歩危、四万十川ツアーに出かけたときの事。
四万十川の中州のキャンプ場で仲間の一人が持ってきた
「コールマン パワーハウスツーマントル」を囲んでの酒盛り中、
その圧倒的な光量に照らされた辺りの小石がジリッと動いてる!ん?
と思ってよく見ると、カエル達がランタン目指して集まってくる。
そのときのツアーは列島を縦断する台風に見舞われ
カヌーイストの聖地、清流四万十川も茶色い濁流で濁っていた。
そんなだから、カエル達も避難してきたのか?それともいつものことなのかは
わからないが、台風一過の貸切キャンプ場で100匹はいるだろうカエル達が
一斉にランタンに向かってくる光景にはほんと。痺れた。
早速帰って購入したのがこれ「コールマン パワーハウス ツーマントルMODEL290」
Cimg1552
これは本当に明るい!盛況のキャンプ場だと迷惑だろうなあ。
オートキャンプ場じゃあ当たり前のあかりかな?
ファミリーキャンプでは、焚き火を突きながら
ランタンの圧が下がって弱くなった光を見てるのが好き。
ウイスキーがうまかったなあ。
そうそう、子供達が小さかった頃、テント内が暗くて不便だろうと
流行りだしたLEDランタンを買う「ロゴス製型番不明」
Cimg1571
現在でも使えるんだけど、最新と比べると暗いなあ、
使わなくなった一番の理由は、ボディの黒いウレタン部分が加水分解で(でた!)
ベトベトになってる事、たまらずカッターで削り取ったけどダメだった。
Logos
あ〜あ、こんなになっちゃった! もう所有感ゼロ。
こんなのもあったなあ。
Cimg1566_2
「BIG OAK キャンドルランタン」メーカー不明、もしかしてBIG OAK会社名か?
本革製の袋に入ったそれは真鍮色に輝き、雰囲気バッチリ
畳むとコンパクト。
Cimg1562
ロウソクの柔らかい炎に癒される
欠点は、うっかり蹴っ飛ばしちゃうと(倒すと)ガラスのホヤにロウがかかって
溶かし落とすのが大変、 ライターで炙ったりしたけど湯煎が一番かな?
最近のバイクツーリングには出番がないなあ。
現在?の一軍ランタンはこれだ
Cimg1561
Coleman_cr123a
「コールマン CR123A パックアウェイ」
類似品で同社の四角いタイプもあるけど最小はこちら!
弱点は一般的な電池が使えない事。
「CR123A」なかなか売ってないこの電池、高いんだよね、
そんなの関係ないもん!せいぜい一泊だし最近充電電池も買ったもん。
お気に入りだったんだけど先日突然切れちゃった
合理的ではないこのランタンの電池、
今シーズンから奮発して充電電池「RCR123A」を投入したが、
おそらく充電電池の電圧がデカかったみたい、
電気の勉強ちゃんとしとけばよかった。とほほ。
さあて、壊れちゃった事だし、新一軍ランタン物色開始!
…結論は、いまやLEDランタンの敷居はかなり低い事。
明るさは100ルーメン程度あれば十分だし、ディスカウントショップでも
かなりコンパクトなものもある。あ〜あつまんないなあ。
やっぱりアウトドア専門ブランドにはもっと頑張ってもらいたいなあ。
こうなりゃ俺的に意地でも山専にこだわりたい。
しぼったのはこれ、
Ecinfo_002_05197
「モンベル コンパクト ランタン」
さすがモンベル、そつがないなあ、でもなんとなく面白みがないね。
で、困ったときのブラックダイヤモンド、三兄弟の中の一番小さいやつ、
Bd81012p_color
「BLACK DIAMOND オービット」
モンベルと似てるって?よく見てみてよ オレンジ色があるでしょ❤️
このオービット、最大照度約5時間使用で自動消灯し、再点灯後
最小照度で約10時間、点灯が可能(再最大照度だと数分でまた消灯)
Support_0330_31
わかりやすく言うと、夜の山中ランタン使用中に痛恨の電池切れ!
後は暗闇の中、不自由で危険な野営をする羽目になるところ
オービットは電力をすべて使い果たさずに最小ではあるが(十分)
灯火を切らす事なく朝を迎える事ができる。
く〜っ!こう言う機能が欲しかったのよ、見た目は変わらないけどこの、山専な感じ!
これに決めた!  ※追記参照
早速ネット購入、最安ショップであと112円で送料無料になる!うぬぬ!
悔しいので、ついで?に買っちゃったのがこれ。
Cimg1575
「BLACK DIAMOND モジ」
予算オーバーだけど全部Tポイントで買えたしOK。
Cimg1586
↑最大照度(105ルーメン12時間)※ 12時間=5時間最大照度後+最小照度時間
Cimg1587
↑最小照度(4ルーメン70時間)
Cimg1588
フラッシュモード(50〜4ルーメン15〜70時間)
 上広がりのせいか、予想外にランタン直下が明るい、フラッシュモードも便利そう
少し作りが安っぽいかな?ホヤを開閉するときに特に感じる。
Cimg1592
↑モジ最小照度(4ルーメン100時間)
Cimg1593
↑最大照度(100ルーメン10時間)
オービットとモジ、勢いで両方買っちゃったけど、
ついでに買った「モジ」の方が実戦向きかも、置いてよし、吊ってよし、
ギミック、突起がない分壊れない?何より最小(俺調べ)コールマン パックアウェイと
さほど変わらない大きさ。パッキングも楽かな?
Cimg1599
ただ面白み、山専感は薄いんだよなあ。
最終選考は実際のキャンプ場で考えよう!
こんなところでひとまずランタン編はおしまい。
※追記
「105ルーメン オービット」の点灯確認実験をやってはてな?と、思った。
あれ?最大照度で5時間経っても消えないぞ!
それどころじゃなくもう20時間は点いている。
販売元の「ロストアロー」で聞いてみると、
「以前のモデルはそうでしたが、底にフラッシュライトがついたモデル以降は
最大照度5時間後消灯する仕様はなくなり、最大照度5時間後消えずに
そのまま最小照度に移行して12時間点灯します」 という事でした。
でも、20時間以上ついてるんですけど(パナソニック エボルタ使用)
もう!「能あるランタンは、スペック隠す」ですなあ。 意味不明。

« やっぱ、キャンプツーリングっていいよなあ〜! | トップページ | テレビアニメ「宝島」 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

初めまして。ランタン初心者でこの旧型2245を手に入れたのですが貴殿の画像と同じく点火装置がありません。これは点火装置無くてもライターなどで点火は可能なのでしょうか?また点火装置が欲しい場合は旧型の装置は今販売してるものなのでしょうか?いきなりの質問でスミマセン。。。

iwameさま、はじめまして。このランタンは初めから点火装置はありませんでした。
記事にもありますが、ライターの火を隙間に突っ込み、コックを少し回しガスを出して
着火させます。上から覗いてしまうと「ダメだこりゃ」になってしまうので注意です。

点火装置はこの後装備されて来たみたいですね。
後付けは聞いたことありません。
このランタン壊れないので長持ちしますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっぱ、キャンプツーリングっていいよなあ〜! | トップページ | テレビアニメ「宝島」 »

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31