無料ブログはココログ

« 雨キャンプ | トップページ | 噴射口 »

2014年10月12日 (日)

夕立とタープのこと。

今年の雨キャンプで、スクリーンタープが大活躍!

そう言えば、いつの間にか我が家のキャンプにはタープが欠かせなくなってる。
いつものように前置きから。
実は俺!夕立マニア、遠くでゴロゴロ鳴りだすと、狭いベランダに陣取って、
水割りを飲みながら、雨の降り出しを待つ。
「はじめ、ボツッ、ボツッ、と降り出し、やがてザーーーーーーッと、」ん〜!
ゾクゾクしてくる。
 子供の頃は、親と外出中に降られ、店の軒先で雨宿り、雨脚はだんだん
強くなり足下に迫る雨、陣地が狭くなって行く恐怖。
 山や自転車で急な雨、もうずぶぬれなのに、遠くに見えた退避場所に
ダッシュで飛び込む、あの、痺れる感覚!
 キャンプや野宿で、ブルーシートを工夫して、屋根を張り、完成して振り返ると
ブルーシートに水がたまり、崩壊寸前、修正して雨仕舞を納めた後の達成感!
 どれも、思い出すと、酒が進む。
雨のキャンプは好きじゃないけど、嫌いじゃない。ただ、雨に濡れずに
やり過ごしたい、(簡単に)。
そこで、タープが必要になった。
元々あまりタープには造詣はないのだが、いざ買うとなると、
へそ曲がりの血が騒ぎ、選んだのがこれ。
P1000144
最近使ってないので、アップの写真がないが、
「コールマン アーチポールヘキサ」
分かりずらいかも知れないけど、要はヘキサゴンタープに
アーチ型のポールで横幅を広げ、高さと軒下スペースを確保する
ナイスなタープ、と言う事。
モスとか使ってる人たちからしたら、邪道なタープかも?
「美しくない!」って言われそう。
でもこのタープ最高!立てるのも簡単、風にも強い、中も広い。
このタープ、これっきり、見かけないなあ。
人気なかったのかなあ、やっぱり俺の選ぶ物はいつも廃盤!とほほ。
ヌックタックがメインの我が家、ほれぼれする容姿ににんまり!
ただ、欠点もあった、それは雨の中の出入り。
その欠点を克服するべく購入したのが、これ。
P1020231
言わずと知れた「スノーピーク ペンタ」
これ、使えるだろうなあ、と、ずっと目を付けてたんだ。
で、案の定フィッティングはバッチリ!
これで死角なし!
ただ、これじゃあ三角テントじゃなくなってしまうから、
普段はしまっておいて、雨予報の時だけ合体!
予期せぬ夕立の時は、雨がやむまでテントのファスナーは触らない事!
バイクツーリングにも使おうと思ったが、以外とたたんでも大きいので断念。
タープに骨組み(ポール)が通ってる事自体邪道なのに、
メッシュが付いてたり、まして自立するなんて、もはやタープとは呼ばん!
プンプン怒る諸兄を横目に、買っちゃった!スクリーンタープ。
P1000501
「サウスフィールドSF3020-OS」
一度使ったら手放せなくなるキャンプ用品第一位!(必要品は除く)
スクリーンタープ、いやー便利。
中でランタン点けても虫は寄ってこない、雨風をほとんどしのげる、
焚き火が出来る、暖かい。
欠点は、設営に時間がかかる。
しか〜し!俺の買ったスクリーンタープは違う。
アルペンで7000円で投げ売りしてたそれは!
画期的発明!ワンタッチ機構、簡単に言うと、ジャンボ折り畳み傘。
大きくて大変だけど、設営は5分?
きらびやかな、有名メーカーや、防水性能、デザイン、カラー、どうでもいい!
見てくれやブランドよりも俺は実を取る!
P1000773
このスクリーンタープの使用における最大の快感ポイント、それは撤収!
朝起きて、チェックアウトの時間を逆算して、周りのテントのお父さん方が、
いそいそと、かたずけをはじめる、俺たちはもう一泊する勢いでまったり。
そしておもむろにスクリーンタープとヌックタックをぱたぱたとたたみ、
彼らより先に帰って行く。スマートでしょ?
布地からポールまで、全部入りだから重たいけどね。
調べたら、現在はサウスフィールドにはワンタッチタイプのシリーズは
廃盤!(出た)。
代わりにロゴスから、クイックシステムと言う商品で今も販売してるらしい。
 サウスとロゴスは元は一緒なのかな?ただ、定価は高いなあ。
これから我が家のファミリーキャンプは縮小傾向にあるので、
大きなタープは買う事はないかな?でも、俺の子供達が結婚して子供が出来たら
孫と一緒におおきなタープの下でまったりしたいものだね。
夕立マニアのほんとうは、夕立の後のおおきな虹もたのしみなんだよ。
今日もベランダにて、唯一積極的に雨をしのぐ事のできる人類の嗜みに乾杯!

« 雨キャンプ | トップページ | 噴射口 »

アウトドア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨キャンプ | トップページ | 噴射口 »