無料ブログはココログ

« 親孝行? | トップページ | バイク、諦めよう。 »

2014年2月17日 (月)

11ヶ月ぶりの更新

前回の記事投稿の、1週間後。妻に癌が見つかった。

ある日、白い便が出たと病院に検査に行っていたが、
検査結果が出た。病名は「胆管癌」。
たちの悪い癌で、進行も早く生存率も低い。この癌は見つかった時には
手術が出来ない事の方が多いらしいが、幸い妻の場合は、手術を選ぶ事が出来ると言う。
実は、うちの嫁さんは、国の難病に指定されている膠原病の一つ「全身性エリテマトーデス(SLE)」と二十歳の頃から戦っていて、去年もSLEによる合併症で間質性肺炎になり2ヶ月程入院をしていた。
SLEと言う病気は、本来体に入って来た細菌やウイルスなどを、やっつけてくれる細胞が、敵がいなくなっても暴れ続け、やがて正常な細胞まで攻撃しだす病気らしい。
もう、20年以上も免疫(自然治癒力)を、抑えるステロイド薬を飲み続けていた
が、免疫力が落ちていた所に癌が忍び込んで来たのかもしれない。
主治医の先生は、去年煩った間質性肺炎とSLEが、手術のストレスで、
再発、悪化するかもしれない、との話。最悪は、手術中に亡くなってしまうかもしれない、とも言われた。
しかし、手術をしなければ、1年生きられるかどうか…。
その日、二人で泣いた。どうしてこんな目に。

« 親孝行? | トップページ | バイク、諦めよう。 »

嫁との別れ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 親孝行? | トップページ | バイク、諦めよう。 »