無料ブログはココログ

2017年8月13日 (日)

、新しい愛車はフランスから来ちゃった。

MPV売却から1ヶ月、今年いっぱいは車のない生活を楽しもう(車選び)と、

思っていたら、またまたまさかの速攻新車購入!(俺って辛抱足りない?)。
ニュースでは、やれ自動運転だの電気自動車だのと騒いでいるが、
本来車って自分で操る楽しさや、エンジン音で気持ちがアガったもんだよ。
そんなことを考えながら、雑誌を眺めていると面白そうな車を見つけた。
S_mt_mv_ex_2
「ルノー ルーテシアS-MT」
な〜んだ、SMTつながりかよ。   いやいや、そういうことじゃなくて。
中身が面白い!
排気量は900CC、5速のマニュアルミッション、
外車のくせに車両価格199万円。
メーカーHPには「使いきれるパワーをMTで操る楽しさ、ドライビングの悦びの原点だ」
これこれ!こんなのが良かったんだよ、900CCてのがイイね。
ただこれ、発売が全国100台だけの限定車、しかも発売時期は3月!(もう4ヶ月以上たってるじゃん)
数少ないルノーディーラーを調べて聞いてみると、「もうありませんよ」やっぱりね。
でも、実物のルーテシア(他のグレード)に乗ってみると、なかなかいい車だ。
今まで外車メーカーは眼中になかったけど(むこうが眼中にない)
なんとかなりそうな価格帯、トヨタ アクア程の車格、腰のラインがセクシー、
そして何よりあまり見かけない、日本ではマイナー車(メーカー自体も)。
ゾクゾクしてきたぞ。
どしゃ降りの平日、あらためて立ち寄ったルノー店、店長さんとじっくり話をしていると
上級グレードのRSが、大幅値引きで(マイナーチェンジ前モデル在庫?)
他の候補で考えていた「マツダ CX-3」と同じ射程距離に!
ただ、RSは明らかなスポーツカーだ、いくら一人者だからってやりすぎじゃない?
散々悩んで結局決めちゃったよ、RSに。
だって、試乗しちゃったんですもの!悪いけどCX-3って何?ってほどの衝撃だった。
あ〜あ、買っちゃった。
なんか、SMTを買った経緯と似てるなあ。
KTMの時は690DUKEが825000円で買えると、食いついて、
気がつくとDUKE-R 1092000円を注文してた(最終はSMT(大幅値引き))
[ルーテシアS-MT→ルーテシアRS]
20150924204217
ルノーってフランスのメーカー、最近のニュースでルノー、日産が、販売世界一?
す、すごいじゃん!でも日本じゃルノーって車は知らないけど、
ルノーから来たゴーン社長は有名だ。それだけ。
少し調べてみるといままで、変な車が多いなあ、しかし、速くってマニアックな車も多い。
ん!まてよ、あの会社と同じ匂いがするぞ(個人的な主観)
そう、スズキ臭(二輪)がぷんぷんする。(スズキ、ルノーのオーナー様すみません)
内外合わせた自動車メーカでもかなりの変態性(誉め言葉)のあるメーカーだと思う。
俺も今日から「ルノー乗り」、買って早速奥武蔵に行って来て思った。
いままで性能の高い車に乗ったことなかったけど、(今風に言うと)
「この車ヤバい!」
国産が一番堅実でいいと今でも思ってる俺、でも楽しい車もアリだよね。
YouTubeで、ルノー公式ルーテシア(Clio)RSの紹介動画のタイトルは
Life is race 」言わずと知れたKTMは「Ready to race」 これから俺、走りっぱなしかよ。
Cimg2869

2017年7月29日 (土)

最後のピース

巷では「火蟻上陸!」のニュースで持ちきり。

ところで俺の、毒のあるザリガニの上陸はどうなってんのかなあ?
かれこれ半年経っちゃったよ。
これって、〇〇詐欺?
「あっ、じいちゃん?おれ!孫のあくらだよ!」って感じか?
雲行きの怪しい話は忘れたふりをしてたら、忘れた頃に入荷したよ。
あ〜よかった〜。マジで。
ああ、そうそう、その首を長くして半年待った例のブツはこれ!
62005099000_2
そう、KTMといえば「アクラポビッチ」別にレースとかやらないし、
吹け上がりが…、サウンドが…とか俺、わかんないけど
KTMといえば「アクラポビッチ」。
もう少し安い他のサイレンサーにもグラグラきてたけど、
やっぱり憧れてたんだよね〜。 実はSMT買った当初からマフラー取り替えシュミレーションをしてたんだ。
半年に一度はネジが焼きつかないようにコパスリップでケアしてた(ビックリ価格の
マフラーだったんで買わないかもしれないのに、けなげ〜)
そもそもメカやパーツブランドに疎い俺、ず〜っとアクラ「ボ」だと思ってた。
そういえば前に、ツーリング途中で家族連れのお父さんに声をかけられた。
「KTM、カッコいいですねえ」「は、はあ」「ホワイトパワーも標準ですか」「??」
その場はごまかしたけど、何の事か解らず帰って調べると、サスペンションの事、
「だぶりゅうぴい」だと思ってたよ、ドキドキ。
こんな事もあったなあ。
長野の日帰り温泉の駐車場でほろ酔いのおじさんに声をかけられた。
「カッコイイバイクだねえ、それ外車?」「オーストリア製です」
「オースト、リア?リア?…ラ?、それって何が有名?」「…ウィーン少年合唱団とかですかねえ」 もっと他にないのかよ俺!。
Imgakrapovic
思い返すと、今まで乗り継いできた2輪も4輪もマフラー換えてたなあ。
換えなかったのは「TLM」と「ステップワゴン」くらいか?
(嫁さんのスカイウェイブは除く)
やっぱり周りに認知(音!) されるように安全のためにマフラーは換えなくっちゃね(こじつけだ)
長く待ちわびたおかげで、前置きも長かったけど、
早速取り付け作業にかかろう。
Cimg2809_2
前のサイレンサーを取り外して、おっ、重い。
Cimg2810
サイレンサーの前のパイプを交換。
Cimg2811
Cimg2812
オーラが出てるサソリマーク!重さも段違い。
Cimg2813
Cimg2814
おおお!ついに装着!
Cimg2820
ただ、サイレンサーカバーをつけると、ロゴステッカーが隠れちゃう。
Cimg2819
でも大丈夫、Amazonで耐熱ステッカーを買っておいたんだよね。
Cimg2826
自慢げな、ステッカー移動が鼻につく人もいるかもしれないけど、
うんと背伸びして買ったんですもの、このくらいの主張は温かい目で見て欲しいなあ。
ビフォーアフター。
Cimg1710
Cimg28352
描いてたイメージ通りのカーボンカバー+アクラポステッカーと、
アクラポビッチサイレンサー(ステッカー移動)のコラボ。
Cimg2838
長かった(カネかかった)SMTドレスアップ作戦も仕上げのピース(パーツ)を組み付けてひとまず完結。
どんどん過激なデザインになってくKTMの新車たちを尻目に、
モタード由来(最後の?)快速ツーリングマシン990SMTを楽しく!長く!乗って行きたいなあ。
(倒かさないようにしなくちゃね)
さてと、やっと組み付けて試運転?  しまった!
暑かったからビール飲みながら作業してたんだった。
仕方がない、今日は音だけで我慢、
ホホホ!この音でビールも進む、冷蔵庫からもう一本取ってこよう!

2017年7月19日 (水)

新型!テント追加

俺の、キャンプのエーステントは、「NEMO タニ1P」

Cimg1439
よく出来たテントで不満はない!
はずなんだけど…。
前に、このテントの選考の時に候補に上がった中に「シックスムーンデザインズ
ルナーソロ」があった。
20140526_191953
当時、落選理由は自立しない事、
(※これから先は現物の張り姿を見ていないので想像だが)
斜めに立つことになるポールに、床シートを絡めて美しく張ろうとする、
雨天時にファスナーを開けるとフロアに吹き込む?
 
一見広く見えるが裾の立ち上がりが緩やかで実際は端まで使えない?
上と同じ理由で、横になった時、顔への圧迫感がある?
多分、そんな理由で候補から外れたと思う。
ただ、メリットもたくさんありそうだった。
 最大のメリットは軽量、コンパクト、暑い夜は涼しそう。
ある日ダラダラとインターネットを見ていたら、ビビビ!ッと来たテントを
見つけちゃった。
「BIG SKY WISP 1P」
104552641
このテント?カテゴリー的にはヴィヴィーシェルターって言うんだって。
そもそもルナーソロもこっちだった。
惜しいところで落選したルナーソロのデメリット部分(多分)を改良したような
製品「ビッグスカイ ウイスプ1P」、解説すると、
○天頂部半分からはみ出さないフロアー。
○ワンポールをズラしたことで就寝時、頭周辺の開放感が出た。
○反対側の傾斜が緩やかになり寝袋の足元を濡らしてしまうか?
  と思いきや、技ありの全長38.5㎝(二つ折り)の短ポールが立ち上がり、
  空間を確保。
○そして軽量、コンパクト。
△強度は弱そう
△バスタブタイプのフロアーではないため雨には弱いか?(要目止め)
こんな感じ、山岳用にはヘタレな俺には使えないけど、
バイクツーリング用なら十分かな?
絶対雨予報のときはバイク乗らないしね。
で、大絶賛したことでもあるし、当然購入しちゃった。
実戦投入はまだだけど少しインプレ。
大きさは予想通り(コンプレッションでまだ小さくなりそう)
Cimg2777
ポールは付属していない。俺はヘリテイジのツエルト用ポール125㎝を使用することに、
メーカー的には120㎝推奨らしいので、金のこで120に切っちゃった。
Cimg2771
ポールは四つ折り、ネットを見てるとカーボン製とか使ってるみたいだけど、
収納サイズはこれが最小じゃないかなあ(31㎝)。
天頂部のポールで突き上げる部分の生地補強が無いようなので、
トレッキングポールの石突きゴムを切り出して保護サックに加工。
Cimg2781
全体に生地は弱そうだ、特に床面は保護が必要だろう。
5角形で、丁度のフットプリントなんてないので、寝転ぶ場所だけでも補強する
「コールマンの60×210サイズ」をチョイス。
少し短いか?と思ったが、四隅にゴムがついてて実際ちょうどよかった。
これなら雨垂れも巻き込まない。
Cimg2779
Cimg2785
目止めは一切なし。シルナイロン用の目止め材は「ギアエイド シルネット」
塗りづらいと大評判!
シンナーでガンガン薄めて使うと楽だよ、初めは混ざらないから焦るけど
ぐるぐるやれば刷毛塗りOK(すぐ揮発して濃くなるから追加して)
Cimg2754
Cimg2757
近所の空き地で試し張り。
Cimg2791
Cimg2793
広さは一人なら十分だなあ
Cimg2763
Cimg2796
内部を広く使いたいなら中腹にガイライン必須、(美しくないけど)
Cimg2789
Cimg2797
メッシュポケット、重いものを入れるとすぐにだらし無く伸び切っちゃいそう。
バスタブ風立ち上がりはこの面だけ
Cimg2801
前室も広くて実用的、ただポールの右側から顔を出して調理とかしてると
頭が触る。
Cimg2798
ベンチレーション、シングルウォールだし重要になりそう。(2箇所)Cimg2805
ただの三角テントじゃなくこんな部分がテント好きにはたまらんなあ。
Cimg2790
Cimg2806
また装備の軽量化出来ちゃったよ、(物置は肥大化)
Cimg2807
実は今年はSMTにあまり乗れてないんだよね、
ヤケで金ばっか使っちゃってマズイなこりゃ。
早く、使用後のインプレも書きたいなあ。

«まさかのMPV売却!