無料ブログはココログ

2018年9月14日 (金)

時代に逆行?マフラー装着

最近電気、ハイブリットが増えてきて、静かは正義(昔からかな?)な世の中に
物申す!

ついに ! と言うか、やっぱり!と言うべきか?
先日ルーテシアのマフラー替えちゃった。
別に俺、爆音や暴走に興味はないけど、歴代所有のエンジンものはほとんど
マフラー替えてきた!
「ルーテシアRSトロフィー」
この車、いい車なんだけど注目度が低いと言うか、不人気?(乗れば絶対
欲しくなる)。
そんなわけで、マフラーの選択肢は狭い。
純正オプションでは、フジツボ製 チタンとステンレスの2種類、
あと海外から数種、そしてルノー乗りでは有名な深谷のキャロル製。
前回MPVの時はマフラーを替えてることがわかるのはお金を出した人のみ、
良く言うとジェントル、悪く言うと気づかない、結果満足度は高くなかった。
まあ、メーカー公認の車検対応品だから仕方ない。
Cimg0472 MPV
だから、今回純正品はパス、(高いしね)
海外品もどこで購入、取り付けて良いのかわからない。
噂の深谷製はほぼレース用?らしいのでビビってパス。
じゃあ、どこのマフラー買ったんだよ!
実は同じ県内に作ってるところを見つけた。?作ってる?
そう、ワンオフ制作してくれるショップを見つけた。
そう言うお店って、俺のイメージだと油まみれの整備工場の奥から
立花籐兵衛みたいなおやっさんが出てきて、「今度はどこ、壊したんだ!」って
怒り出す妄想。
ショップに行ってみると俺の妄想もあながち間違いではないかあ。
Timthumbphp
「ジェイ エンジン」フランス車専門のチューニング、メンテナンスショップ。
怪しい(すみません)雰囲気の倉庫から、手の油を拭きながら登場のおやっ…、
社長さん。(優しい方でした)
フランス車の知識は相当なもので旧車から現行まで客が絶えない
知るひとぞ知る有名店でした。
ワンオフなもので、作業は1週間車を預けることに、その際
代車に借りた「ルーテシア2RS」
Pc032378
(現車撮り忘れたのでイメージ)
左ハンドルのマニュアル、形は小さいが排気量2.0マフラーもいい音、
初めはビビったけれど、これ、たのし〜い!
こんな風にガタピシになるまでながーく乗るのもいいなあ(マニュアルなら)
さて、完成したマフラー、
Img_0123
Img_0121
タイコが小さく二つになってる、抜けは良さそう。
純正はこれだもんね。
P6250653
ただこの車、マフラー出口パイプが見えないから
交換したことが、動いている時しかわからない、
でも、俺的にはそこが良いのよん。
Cimg3823
さあ、音は?
ノーマルだとまあ静か?とは言ってもエンジンかけた瞬間に「おっ?替えてるな」
と、わかる音色、走り出してもいい感じ、アクセルオフ時にこもり音が大きいけれど
好きで替えてるんで…。
スポーツ、レースだとアイドリングからやる気音、加速時の変速のたびに「ボッ!」、
アクセルオフで「バラバラバラ」減速で「ポンポンポン」…サ、イ、コ、ウ!
おやっさん曰く「年数が経つともう少し音が大きくなるよ、育つからね」
名言!いただきました。
ちなみに車検は通りません。
今回のことで思った。
自動車のより高価だったSMTのアクラポマフラー、
現在キャタライザー装着、正直言っておとなし目の音だ。
涼しくなったら実力解放してみようかな?
※今回ジェイエンジン様より多数写真掲載しました。

2018年7月28日 (土)

車道を走る自転車の話

最近、「自転車は原則車道走行キャンペーン?」で、

車道を走る自転車が増えて来たね。
416511
正直、今までは俺も自転車の居場所はグレーゾーン、歩道は居心地悪いし、
車道は車の邪魔になるから遠慮気味に走ってた。
「そっか!自転車は車道なんだ!」お墨付きをもらって、我が物顔で走ってる諸兄、
最近悪いマナーも目につく。
四輪にも乗る自分も何度かヒヤッっとすることや、追い抜きにイラっとすることも…。
まして、1日中ハンドルを握ってるプロドライバーなんかは頭にきてるのも居るだろうなあ。
自転車で通勤していると、「邪魔だよ!オーラ」をだして追い抜いてく車を感じる。
中には幅寄せや進路塞ぎなど、心が枯れてるドライバーもいる。
まあ乗用車は一瞬だし、嫌な気持ちにはなるけれども「殺される!」とまでは思わない。
問題は路線バスと、大型トラック。
俺もママチャリプラスαの速度で走っているが、追い抜き時ハンドルとの距離が
10センチ以内の時もある。しかもその距離のまま5秒近く掛かって抜いていく。
生きた心地がしない!狭い道だし、対向車の切れ目を狙う追い越しだろうけど
ドライバーの方は気づいているのかなあ、
判っているとは思うけど二輪車のハンドルって片方を後ろから押されると、
その側に倒れる、当然倒れたら後輪に巻き込まれるか、後続車でプチュッ。
そんなのはごめんだぜ!なんとか自衛策を考えねば。
そこで考えたのが、これ。
Cimg3800
百円ショップで売ってた本来の使用目的不明なライト。
ライト部分は透明だったけどKTMオレンジに塗装。
Cimg3810
「追い抜かれモード」
Cimg3802
「すり抜けモード」
Cimg3801
これで幅寄せされてもプラス10センチの余裕ができた。
100円だけあってライトの接触がイマイチ、死んだら反射テープでもいいかな?
ここまで書いて来たけど、概ね4輪ドライバーのマナーは良い方だ(例外もいるが)
俺から見ても、ひどい自転車乗りの方が多い気がするね、
ドライバーの方達、ご立腹なのはわかります。
でも、怪我するのは自転車の方だし、怒られるのはドライバー。
割りに合わないと思って、どうか温かい目で。

2018年6月28日 (木)

ETC割引でワープ!

最近、ETC二輪車割引企画があることを知った。

ツーリングプラン」 って言うらしい(そのまんま)
事前に申し込むと対象エリア内(2〜3日)定額で乗り降りし放題!
電車の「青春18切符」みたいなものか?
覚えておけば、そのうち役にたつかも?っと思っていたら、
すぐにチャンスが巡って来た。
梅雨時の晴れ間を突いて東北方面のツーリングプラン!
せっかく高速代がお得になるなら遠くまで行ってやろうと、
蔵王エコーライン周辺を目標に決めた。(後で割引エリアは福島飯坂までと知る)
当日天候は曇り、太陽も出ていないのに気温33度、湿度たっぷり、
積んで来たキャンプ装備を少し後悔する。
「これじゃあ日が暮れても涼しくなんないかなあ?」
でも白石ICまで来ると天気は回復、でも蒸し暑いなあ。
早く高いとこ行こっ。
Cimg3681
Cimg3687
牧場地帯を走る、なんか那須っぽい
Cimg3685_2
景色もいいなあ、あの山まで行くのかな?
Cimg3688
こっから蔵王か?
高校生の頃自転車で超えた蔵王エコーライン、 感慨深い。
あの頃の俺はバカ…いや、がんばってたなあ。
さすが!バイク雑誌とかによく出て来るエコーライン、こりゃあ楽しいわ!
平日だけあって、飛ばし(✖️)放題!
Cimg3701
結構カーブが深く、アクセルガバ開けまで我慢する時間が長いけど
高所道路特有の爽快感はバイクならでは、だね。(自転車のとはちがう)
頂上付近から「蔵王ハイライン」(有料道路)に入る。
Cimg3689
二輪車380円、有料なのに今までで一番舗装が悪い。
でもこの先には蔵王の核心部、「お釜」がある。
あれ?少し前火山警報レベル高かったよね、解除されても少し怖いなあ。
レストハウスはシェルターになるみたいだけど、俺のSMTはミゴロシ?
Cimg3698
名物なら食わねば、
Cimg3699
「お釜カツ丼」今回は食事前に撮影に成功!
下りは奇跡的にだれも抜きもしなければ抜かれもしない、
エコーライン貸切状態!はるばる来てよかったなあ。
付近をチョロチョロ走ったが、帰りが心配になって来た。
明日は午後から雨予報だって、少し戻ろっかな?
福島県まで戻ってみることにする。
米沢から裏磐梯、白布峠越え、(なんか自分にはこのサイズのカーブの方が向いてる)
桧原湖、
Cimg3702
Cimg3703
今日のキャンプ場は去年利用した道の駅 喜多の郷管理の「もりっこの里キャンプ場」
前回は蚊の大群に襲われ、テントに逃げ込むも、新型テント「WISP 1P」のデビュー戦で
内部の居住性の悪さに閉口した思い出がよぎる。
リベンジの今日は、うちのエース「ニーモ Tani 1P」
Cimg3717
Cimg3719
予想した通り、湿度100%!
道の駅隣接の風呂に入ってもすぐにベトベト、
…焚き火とか…、いっかな?
Img_park_admin
念のためかまど棟にSMT避難(雨対策、今日は2組のみ)
この間買ったスキットルにお気に入りのお酒を入れて、
Cimg3734
炭酸割り!テントでの夜、適度な疲労感に早く酔う、  しあわせ!
暑いので、フライ全開で寝てたら、夜中1時ごろ雷雨、これもまたよし!
Cimg3735
朝5時、止み間のチャンスに撤収。福島の今日はこんな天気みたいだ。
久々の雨合羽着てのツーリング、なんか浸みて来たし、もう帰ろっかね。
Cimg3738
Cimg3741
帰りの高速、宇都宮すぎた辺りから、天気回復して、SMTの気温計は36.5度、
なんだか洗濯物と一緒に人まで物干し竿に干されてるようだ。
総括、ツーリングプラン割引で得した金額は4560円、
旅ライダーにはありがたい企画だなあ、
2日目は雨だったから15時前には自宅に帰って来ちゃったけど、
今回のツーリング、全走行距離は1300キロだって!
高速道路って便利ですごいなあ。
目的地まで一気にワープ!大人だしこれもありでしょ!

«最先端のツーリング装備

最近のトラックバック

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31