無料ブログはココログ

2019年8月12日 (月)

スカイウェイブCJ43を速くする!

もうじきお盆、

今年は嫁さんの七回忌だなあ。

毎年夏は家族でキャンプ行ったっけ、それも急に「いくよ!」って。

嫁さん行動力あったからなあ、俺もそうありたいね。

普段の通勤はダイエット兼ねての自転車通勤。片道40分ほどかな?

しかし真夏はそうはいかない!職人には辛い季節だし、通勤くらいは楽したいよ。

そこでこの季節は嫁さんの愛車スカイウェイブを投入することになる。

P1060161

でかい麦茶ポットと着替え等、荷物は多いけど、

広大な荷室には助かる。

唯一の不満点は、遅い!特にスタートがかったるい。

信号の先頭で、ちょっと本気出した4輪に煽られてしまう、

125の軽量スクーターに勝てない。

まあ、重量もあるし、SMTやCRMと比べるのはかわいそうだなと思っていた。

世の中に、ハイスピードプーリーなるものがあることは知っていたが、

本気で調べたことは無かった。(嫁のだしね)

でもやっぱり遅いのはいやだ!

で、見つけたのが「星野設計、ハイスピードプーリー」(以下ハイプリ)

あまりメカには詳しくないけれど、星野設計さんの話では、

ローギヤフェイスはスタート加速80㎞付近まで速くし、ハイプリは80㎞以上の高速域で活躍するそう。

1速と6速が増えるイメージだそうだ。

自分の望みはスタート加速向上なので、ローギア…の方で十分なんだけど、

知ってしまったら、全部載せの方がいいなあ。

作業予約を取り付け、千葉県に向かう。

星野設計、名前からしてバイク屋っぽくない、案の定、街の金属加工工場って感じ。

Img_2263

当の社長は持病があるらしく、体調は良くないようだが、作業はきっちりやってくれた。

こんな部品等20190812-95659

ハイプリ、ローギアーフェイス、ウエイトローラー、純正Vベルト、他。

「新しいベルトはなじむまでは切れ易いから慣らしをして」  ハイ!

さて、効果のほどは?と言うと。

バイクとして理想的な加速(KTM等)にはほど遠いが、明らかに速くなってる!

一時停止からの左折発進なんか、今までは倒すとそのまま転んじゃいそうになって、慌てて足を着くこともあったけれど、

スパッと出てくれるようになってる。

シグナルダッシュは、軽い125と同等ぐらいだけどね。

まあ満足いくチューニングだったかな?

嫁さん!勝手に改造しちゃったけど勘弁な!まだまだ長く乗ってあげるからね。

2019年7月31日 (水)

あなたのキャンプツーリング装備、見せてください? 

 

キャンプシーズン到来!

書店ではアウトドア特集真っ盛り、「あなたの装備、見せてください」的な記事があったりして!

そんなわけで、今回オレの備忘録として「僕の装備、見せてあげよっかな」特集、

絶対聞かれないから勝手に公開することにしよう!

まずは基本情報から、オレの許容範囲内でコンパクトな事、

重量は特に気にしない(必然的に軽量になるだろう?)

バイクの外観から「これでキャンプツーリング?」と言わせたい。

Cimg1468

さて、よくある「じゃーん、全部広げました」な、写真から。

Cimg5047

雑誌なら番号と矢印で一つ一つ説明するところだが、無理なので、

写真とともに解説します。

Cimg5055

まずはオレの城、テント。

最軽量の「BIG SKY WISP 1P」シングルウォールに前室付きテント、正確にはヴィヴィーシェルター

に分類するみたい。結露、雨が予想される時は、うちのエース、「NEMO タニ1P」が登板だ。

それぞれの詳細は

[WISP 1P]

[NEMO Tani 1P]

続いて寝具編

Cimg5089

「モンベル U.L SS ダウンハガー #4」

Cimg5083

「モンベル U.L コンフォートシステムピロー」

「NEMO テンサー20S」

寝袋は言わずと知れたダウンハガー、買ったすぐ後にストレッチタイプが発売され、

ちょっと悔しい。

嫁さんとお揃いで買ったから、今は2つとも俺の物。

枕は現場で作ってもいいんだけど、どうせコンパクトになるから持って行こうと考えた。

本来モンベルのシステムマットを使えば枕が逃げないんだろうけど、寝袋の中で使うので大丈夫。

マットはテンサーのMサイズ、エアーマットは嫌いだったが、最近のは進化してた。

こいつは端にいても落っこちないし

床の凸凹を感じず快適、ただ、内部はアルコール濃度が高め?

密かに全身用の買い足しを狙ってる。(次買った時には飲酒前にふくらまそう)

Cimg5057

食事関係、この網の中になべ、食器、武器、コンロ、ガス、がセットになってる。

詳しくは「キャンプ装備 クッカー編」をみてね。

Cimg5064

「ロゴス ピラミッドグリル コンパクト」

設営も早く、焼き網も使える。同社のミニ成形炭がちょうどいい。

まさにおひとり様、な焚き火ができる、絶妙サイズ。

なお炭だらけになった使用後の本体を入れるジップロックも忘れずに。

あと、写真を載せ忘れたけど、次回から新入りのナタも持って行こう!(一つ前の投稿を参照)

Cimg5059

「SOTO フィールドホッパー」

コレも便利、薄べったいので収納も楽チン。

「SOTO フィールドホッパー」みてね!

Cimg5078

「プラティパス 1.0L ?」

予備用、最近はキャンプ場に着く前の買い出しにて水ペットボトルを現地調達するため

必要なくなってきてる。

Cimg5087 Cimg5085

その買い出し用のリュックと保冷バッグ

シートゥーサミット デイバック」

「サッポロビールのおまけ保冷バック」

収納サイズは6センチくらい、今で言う買い物用エコリュック。見落としがちだけど

あると便利。

保冷バッグは、当然!夜の酒盛り用ビールコンテナ、夏は冷凍枝豆も一緒に買って保冷力アップ!

Cimg5071

「EXOTACナノストライカー」

「LEATHERMAN style CS」

「ビクトリノックス キャンパー」

ナノストライカー、は永久マッチ、非常用。(ちょっとかっこいいタイプを奢った)

レーザーマン、さっき話が出たペットボトルなどのゴミをはさみで切り刻みコンパクトにして持ち帰るために使用。

キャンパー、今ので3本目、1本目は高校生の頃青森の林道で紛失、2本目は秩父の山中で無くした。

もっと多機能なのもあるけど、ナイフ使用にはコレがベストバランス、

ノコギリが地味に便利。

初期のキャンパーロゴは、アルファベットの下に通しのラインがあったなあ。

 

 

Cimg5082 Cimg5066

「コンパクト ピクニックシート」

「ブラックダイヤモンド Moji」

「折りたたみ座布団」

ピクニックシートと座布団は「こちら」をみてください。

BD Moji、今LEDランタンはコレがメイン。パッキングしやすく壊れにくそう、

置いても、吊り下げても、ホッっとする形。

Cimg5077

「コールマン 折りたたみチェアー」

う◯こ座りと変わらない座面のものはチェアーとは呼べない!

ある程度高さがあって最小の物はこれ以外にはないかな?

今は廃盤らしいけど、コイツとも長い付き合いだ。

Cimg5073

「ブラックダイヤモンド ストーム」

ソロキャンプでは必需でしょう、一人の夜なら首を回したところが明るい!それで十分。

当時最強のヘッ電でした。

Cimg5065

「ユニクロ ULダウン」

気温変化に対応するための保険的防寒着

収納袋付き、薄手なのでバイクのウエアー下にも使用。

本当はモンベル製にするはずだったけど、ユニクロの特売で見つけた

安っ!コレでいいじゃん?

Cimg5068

「虫除けと蚊取りミスト」

説明はいらない!敵とたたかう矛と盾。

Cimg5075

「紙テープ?捨てテープ?」

超便利、残りの封、ゴミなどの結束、テープにメモ書き、目印、等に大活躍。

Cimg5088

「iPad mini 」

おらのキャンプ革命!

時計、ラジオ、音楽、地図、天気、観光、水平器(テントサイト選び)外部との連絡。

スマホを持ってる人からしたらあたりまえ?

Cimg5051

Cimg5052

これらの道具たちをSMーT純正のサイドバックに詰め込む。

その他、日帰りツーリングでも使うものは別バッグへ(雨具、財布、カメラ等)

思い返せば中学2年生の頃から始めたキャンプツーリング(当時は自転車)

あれから40年もやってきた。道具も進化して軽量化も進む、その度むくむく物欲が湧いてきて

無駄なものもいっぱい買った。

今でもテント7張り、コンロ8台、ランタン5台、物置の肥やし状態!全部まだ使えるのかなあ?(今度点検しなくちゃ)

キャンプ歴だけ長い俺、やってることはず〜っと変わってないなあ、(進歩がないので偉ぶれない)

これが現在の俺の装備、とりあえず今までの集大成ってことで…。

計画して休みが取れないので、テントと寝袋だけふわ〜っと保管、それ以外は

バッグに詰めて出発準備完了状態!

あ〜あ、今年の夏は、どこ行こっかなあ。    それじゃ!皆様も楽しい野宿LIFEを!

 

 

 

 

 

 

 

2019年7月23日 (火)

発掘された新しい武器(キャンプ道具)

親父が死んで17年経つ。

定年退職してから始めたのが、ヘラブナ釣り、釣りなんかやる性格じゃないだろうに?

案の定、あまり上手じゃないみたいだった。

そのうちヘラブナの浮きを作り始めた。(こんなの)

Dsc_0961

(※画像拝借容赦ください)

見よう見まねで何十本も作っていたが、師匠?に

だめだこりゃ!ってはじかれてた。

それでも退社してからいい趣味みつけて

幸せな晩年だったと思うな。

仕事の同僚が言ってた、「今、キャンプブームなんすよ、しかもソロ」

やっと時代が俺に追いついたか、カカカ!

ソロキャンプにはミニマムな装備、そして夜は焚き火!うん、そうそう、

テントは大きめが便利⁉︎(わかるけど…)タープは必須⁉︎(そりゃあるといいけど)

薪割り用にナタを準備!(もう、ミニマムじゃないじゃん!)

人それぞれだから、とやかく言うつもりはない。

でもこの中で一つだけ使いたい物がある、それはナタ!

テント設営後、薪拾いに一回り、俺の焚き火台は約16㎝角、Cimg4530

ちょうどいい小枝を探していると、販売用の使い残しの薪が落ちていることがよくある。

20センチほどの丸太を4等分した、よくある木の塊。Rimg1668

悔しいけどアーミーナイフじゃ歯が立たない!

缶切り忘れて、缶詰とにらめっこしてる気分だ。

何度、ナタがあったらなあと、思ったことか。

しかし荷物の制約があるバイクツーリングには持っていけないなあ(俺的には)。

毎日梅雨空のある日、親父の工作BOXからいいもの見つけちゃった。

Cimg5039

小ナタ?全長20センチ、刃渡り8センチ、重さ162グラム。

取っ手とさやにタコ糸?を巻き、接着剤で固定してある!

カスタマイズされた もはや父の形見?

このサイズ感、まさに理想のソロキャンプ用ナタだ。

Cimg5040

Cimg5042 Cimg5043

コレさえあれば、ああして、こうして、そうやって…。

あ〜っキャンプ行きて、そして盛大な炎を燃やすんだ!

発掘?された「形見ナタ」調べてみると華道用のナタらしい、

正直、耐久性はどうなのかなあ、とりあえず、俺がもらっておきます。

父さん、ゴメン!俺は…(持って)いくよ!

 

 

 

                                

«最終形態は安パーツで仕上げ!

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31